ITベンチャーで働く若手社員の考え
日々感じ、考え、学んだことをまとめたブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「当然」の心意気
した方が良いと分かっていても、嫌だなと思ってしまい、なかなか出来ないことについて

それをすることが「当然」と思えば、もう辛くないはず。

「しなければならない」ではなく、それをするのが「当たり前」の感覚。

する覚悟と置き換えてもいい。

それさえ出来てしまえば、することが決まっているのだから、

如何に楽しんでしようかと頭が切り替わる。自動的に。


「やっぱりしたくない。」「別のことをしたい。」

そういう気持ちが残っていればOUT。

やらない理由を探して迷ってしまったらOUTだ。

つまり、逃げず、迷わず。


自分が決めた選択に対し、覚悟を持つ。

すごく怖いけれど、決断する。

当たり前(当然)までいってしまえば楽になる。

どんなに眠くても、夜歯みがきをするように。朝、顔を洗うように。


怖いけれど、決めよう。

するのが当然だから、する、それを意識して行うことで、人生を楽しもう。

※上級編:選択が正しいか、確認や見直しはしよう。言い訳にならないように注意!

テーマ:成功をかなえる自分に向かって - ジャンル:ビジネス

話してみ
辛いとき、人に話しても何も変わらんと思っとった。

誰かに話したところで、状況が変わるわけでもなければ、助けを得られるわけでもない。

人に、意見やアドバイスを求めるための説明として話す、そういうことはあるかもしれない。

だが、結局は戦うのは自分。自分で考え、決め、行動する。

だから、人に話すことに大した意味は無い、そう思っていた。


どうやら違うらしい。

もっかい言う、どうやら違うらしいぞ。

辛いとき、話すことには明らかに、確かな意味がある。


たしかに、人に話したところで状況は変わらないし、何らかの具体的な助けを得られるわけではない。

結局、最後は自分で考え、決め、行動する。


だが、俺は人に話すことで、確かに癒され、救われたんだ。

不思議なことだが、事実だ。


楽になった理由は分からん。

愚痴をこぼせたからなのか、

否定されず認められたからなのか、

事実を直視できたからなのか、。

どれも当たっているようで、どれも違う気がする。


話すことの何が良かったのかは分からない。

もしかしたら聞く相手も重要なのだろう。


ともかく、

理由はよく分からないが、俺は話すことで救われた。

なぜだか迷いが無くなり、自分に自信を持てた。

それは事実で、その効果は絶大だ。



これは、素晴らしいことを学んだ。


話すんだ。

迷い、落ち込み、辛いのなら、とにかく話すんだ。

話せば、何万回でも戦える。


独りで戦えると思っていても、一回話してみ。凄いぞ。

全て話すんだ。


話せる俺は、もうどんな辛いことでも乗り越えられるだろう。


ありがとう。

ありがとう。


テーマ:生きる - ジャンル:ライフ

【お勧めの本】 『ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな! 』エリヤフ・ゴールドラット (著)
ザ・ゴールのエリヤフ・ゴールドラット博士の最新の著作、『ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな!』を読んだ。

この本は、充実した人生を送るための、物事の「捉え方」、そして「考え方」を示した本だ。

人生のどの場面に対しても応用可能な、実際に「使える」考え方が示されている。


充実した人生を送る道は、決して楽な道ではない。しかし、「科学者」のように考えることができれば、充実した人生を送ることは可能だ。

では、「科学者のような考え方」とは?それが本書の内容である。


以下、科学者のような考え方に入る前の、より重要な、より根本的な人生に対する姿勢について、本書から引用する。(本書を読まなくも、この文章だけは読んで損は無い。)

『私は、充実した人生を送りたいと思っていた。その目的達成のためには、常に時間をかけて家族や友人、それから仕事など自分の関心事、それぞれを理解しよう、本当に深く理解しようと決めた。それがいちばん重要な決定だったかな』

『おまえは、楽な人生が送りたいのかい?』

『有意義で充実した人生を手にする方法はいくらでもある。しかし、そのためにはちゃんと考えないといけない。科学者のように明晰に考えることが必要なんだ』

『生まれ変わる必要などない。私だって、特別な頭脳を持って生まれてきたわけじゃない。子供の頃のIQを見ればすぐにわかるさ。要は訓練だ。訓練して、訓練して、そして訓練し続けてきただけだ。ボディビルダーと同じだよ。』

『自分が将来どうなるか、それは自分自身の選択次第なんだ。』

『他人に責任を押しつけたり、環境のせいにしてはいけないということだ。あるいは、自分のコントロールの及ぶ範囲じゃないとか、自分の能力を超えているなどと言ってはダメだ。自分自身の人生なんだから、自分ですべて責任を持たなければいけない。そうすることで、充実した有意義な人生を送ることができるようになるんだ。だけど、それは決して簡単なことではない。』




この引用に納得できるなら、是非、本書を読んで欲しい。




テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

上に立つ者の心得「意見をただ聞く」
上に立つ者にとって、人の意見を聞くことは大事だ。

なぜなら、それが下の者のやる気に繋がるから。


まずは、ただ聞くだけでいい。

上の者が下の意見を聞けなくなるのは、驕りや傲慢からではない。

上に立つ者として、その意見に何かアドバイスや意見をしようとするからだ。

それもすぐに。

それは、意見を真摯に受け止めない行為に繋がる。


まずは、ただ聞くだけでいい。

ひたすら聞いて、きちんと理解すること。

意見を言ったものの感情も含めて、深く理解すること。


それが出来て初めて、その意見に応えられる。


焦ってはいけない。

段々と早く応えられるようになればいい。


意見を真摯に受け止める。

意見をきちんと理解する。

意見を深く理解する。

まずは、それが何より大事。


テーマ:対人コミュニケーション - ジャンル:ビジネス

【お勧めの本】幸せになるために・・・。『史上最強の人生戦略マニュアル』



『史上最強の人生戦略マニュアル』のレビューです。

先日買った、勝間 和代の話題の最新作『史上最強の人生戦略マニュアル』、現在、途中で戻って、2回目を拾い読み+本の中にある課題を実践中。

なかなかまとまった時間を取れていないが、少しずつ前に進んでいる。


この本に書いてあることは、正しい。経験上。


この本に書いてあることは成功の基礎、いや、どちらかというと幸せの基礎といえる。経験上。

辛い時に、助けられた。助かった、この本に出会って、本当に。


本書を簡単にまとめれば、『自分に正直に、そして行動を。』ってことだと思うが、全く持って正しいと思う。

後は、実は未だ読んでいない、最後の部分に何が書いてあるか、すごく楽しみだ。


そしてもう一つ楽しみなこと。

課題を実践し、行動し、変われるか。

勝負。

楽しもう。


●『史上最強の人生戦略マニュアル』について詳しく見る
●勝間 和代の著書の一覧


テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌


プロフィール

Author:こーすけ
1983年生まれ 愛知県出身 東京都在住

一橋大学卒
某IT系ベンチャー企業(100人規模)に勤務

好き:
考えること、ダンス(HOUSE)
休日:
カフェで読書、ダンス(HOUSE)、ツレと語る

外部サイト:ITベンチャーで働く若手社員のお勧めの本

テクノラティお気に入りに追加する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。